ミリオンジョブブログ

高収入バイトを探すなら今すぐ検索!日払い対応の高時給求人もあるので、急な出費にも対応できます。ミリオンジョブは頑張る男性の味方です!

【第54回】マンガ家とデリヘルドライバーのダブルワーク【前編】

time 2019/06/14

こんにちは。私は都内でデリヘルドライバーをやっているショウイチです。現在28歳で、デリヘルドライバー歴は半年ほどですね。

デリヘルドライバーって高収入ですから全国にたくさんいると思いますし、中にはダブルワークをしている方も多いと思います。

僕もダブルワークをやっているんですけど、実は僕の本職はマンガ家なんですよ。マンガ家をやりながら空いた時間にデリヘルドライバーをやっています。

僕は小さいころからマンガが大好きで、勉強そっちのけでノートにお気に入りのキャラクターを落書きしていました。ひ弱でイジメのターゲットになりそうなタイプだったんですが、このマンガスキルのおかげでクラスでも一目置かれていたんです。だから、ずっとマンガ家になることが夢でした。

僕はずっとお色気要素のあるラブコメが大好きで、そんなマンガばかり描いていました。そして、高校在学中から出版社に持ち込みをするようになり、20歳のときに初めて僕の読み切りが雑誌に掲載されたんです。これは嬉しかったですよ。

しかし、なかなか結果はなかなか出せません。でも、出来ることならマンガだけで食っていきたいもの。そのため、友だちのマンガ家からエロマンガを勧められました。

僕は元々お色気要素のあるラブコメが好きだったので、エロに対してもそれほど抵抗はありません。
そこで、僕はエロマンガを描くようになりました。

エロマンガもなかなか刺激があって面白かったんです。僕も1人の男性ですからエロに興味があります。だからサクサク描けましたよ。

でも、エロマンガの世界も楽ではありません。僕のようにエロに流れてきたマンガ家が多いんで、必然的にライバルも増えてしまうんです。

しかも、ジャンルや絵柄にも流行がありますから、常にそういった情報にアンテナを張っておく必要があります。
だから、常にヒヤヒヤしながら仕事をしていたものです。

そんなエロマンガ家生活が続いていたんですけど、仕事量も少しずつ減って行きました。こうなってしまうといよいよ怖くなってしまいます。

そんなある時、先輩のエロマンガ家から飲みに誘われました。良いタイミングだったので、僕はその先輩に相談をしたんです。

「エロマンガの仕事量が減ってきてるんですよ…」
「それなら風俗マンガやってみたら?」
「風俗は全然知らなくて」
「それならバイトしてみたら?ドライバーなら求人たくさん出てるんじゃない?」

風俗は完全にノーマークでした。僕も男性ですから風俗に興味がありますが、そこには一切縁がなかった無かったんです。仕事量も減って時間がありますから、デリヘルドライバーのアルバイトに興味が出ました。
(つづく)

■原案:シュウイチ ■文/構成:ホシノシュウジ

主人公
シュウイチ(仮名:28歳)小さいころからマンガが大好きで、勉強もせずにマンガを描く日々。高校卒業後にマンガ家としてデビューするものの、なかなか仕事に恵まれない生活が続く。そこで、それまで描いていたラブコメではなくエロマンガにチャレンジするが、その仕事も減ってしまう。

全国のドライバー求人を探す】

北海道・東北のドライバー求人を探す

北関東のドライバー求人を探す

関東のドライバー求人を探す

北陸・甲信越のドライバー求人を探す

東海のドライバー求人を
探す

 

down

コメントする




カテゴリ
人気の検索エリア
人気の検索ワード