ミリオンジョブブログ

高収入バイトを探すなら今すぐ検索!日払い対応の高時給求人もあるので、急な出費にも対応できます。ミリオンジョブは頑張る男性の味方です!

「他人との関わりが苦手」個人主義で口下手だった男が、なぜ風俗への転職で変わることができたのか

time 2017/11/01


成り上がり伝説 恋愛グループ


恋愛グループ 副店長

恋愛グループ
恋愛白書
中村 大輔さん 28歳
20歳から自動車の整備士として働いていたが「自分の知らない業界に触れてみたい」と思い、風俗業界に転職を決意する。しかし彼は「人見知り」「口下手」「他人との関わりが苦手」という、接客業には決して向いていない性格の持ち主だった。そんな彼は恋愛グループへ入社したことにより、その性格を変えることができたという。

「話すのが苦手でした」そんな男の転職先が、なぜ“風俗業界”だったのか

恋愛グループの中村です。よろしくお願いします。

ーよろしくお願いします。前職はどんな仕事をされていましたか?
インタビュー風景

20歳になる頃から自動車の整備士として働いていました。もともと親が整備工場を営んでいたんですね。この職種には馴染みがありましたので。

ーちなみに整備士として働くキッカケは、なんだったのでしょう?

子供の頃からずっと人見知りで、人と話すのが苦手だったんです。その性格もあって「一人で黙々とできる仕事」という部分で整備士を選びました。

ー人見知りの性格は今の仕事では辛い部分ではないでしょうか?

いえ、辛くはありませんでした。実はもともと“風俗業界”に興味があった訳ではないんです。

「全く知らないの業界」で働きたくて求人を探していました。風俗で遊ぶこともなかったので、とにかく人に聞かないと何も分からない、業界で仕事をするための知識も覚えられない。でも、それがあったおかげで、今では積極的な性格になれましたね。

ー中村さん自身でも性格が変わったと思います?

はい! 180°変わりましたね。前の自分は「他人に全く興味を持たない」性格でしたから(苦笑)

インタビュー風景

「負けず嫌い」「自分を曲げない」特攻型のワンマンプレイ、それが逆に“武器”になった

ー中村さん自身の性格を一言であらわすとどんな言葉でしょう?

「負けず嫌い」ですね。頑固な部分も強いと思います。

ー「負けず嫌い」の部分で、エピソードはありますか?

学生の頃はサッカーをやっていたんですが、僕を中心にした「ワントップ」スタイルでした。

「とにかく俺に任せろ」みたいな感じで(笑) 他の人とチームプレイをやることもありませんでしたし。それでも、恵まれていたのか勝っていたので、協調性は全く必要なかったんです。

ー常に中村さんが中心でチームを動かしていた?

試合では常に、自分のスタイルを変えずにワントップの姿勢を貫いていました。結果として、県の選抜大会など、規模が大きくなっても自分のスタイルを変えずに成果を残すこともできましたし。

S__6414351

ーその曲げない気持ちや、負けず嫌いは今でも残ってますか?

はい、残ってます!

ー転職のタイミングは、具体的に何かあったのでしょうか?

漠然とこのままの人生で良いのかな?という思いはありました。

たとえ失敗しても「整備士に戻れるからいいや」っていう甘い考えも正直ありました。でも恋愛グループに入社して、積極的に人と関われる性格に変わっていったし、自分の中で将来の目標を持てるようにもなりました。

ーではなぜ風俗業界を選んだんでしょう?

今まで接してこなかった業種ってドコだろう? と考えた時に“風俗業界”だったんです。

高収入な仕事というのは実際に求人を見て知りました。まずは福利厚生がしっかりしたところで求人を探していました。

ーそのタイミングで恋愛グループに応募されたんでしょうか?

はい。でも実際、抵抗はありました。

接客業は全くの未経験だったし、もともと風俗で遊ぶ事もほとんどなかった。全てが“ゼロ”の状態から始めることが不安でしたね。

ー実際に入社する時に勇気はいりましたか?

はい、最初はやっぱり緊張しました。

入社後の一週間は先輩がそばに付いて仕事のやり方を教えてくれましたが、「明日からは一人だ」となった時に、気持ちが一気に変わったんですね。

ーどんな意識に変わったんでしょう?

とにかく負けず嫌いな性格なので、先輩さえもライバルだと思って仕事に取り組みました。「まずはこの人を越えよう」っていうスイッチが入りましたね。

インタビュー風景

ーそれは先輩からの教え方がキッカケだったんですか?

いえ、社訓や企業理念ですね。

例えば、先輩の意見と、自分の意見、どっちが会社の方針と合っているか? と常に考えて行動をしています。自分で正しいと思ったら、たとえ先輩相手でも自分を貫き通す姿勢は昔から変わっていないですね。

ー職歴1年3ヶ月でどのぐらいで副店長になられました?

働き始めてから半年ですね。自分の取り組む姿勢があってのスピード昇給なのではないかとも感じています。

また昇給は早い社風でもあるそうです。他にも、入社してから仕事を教えてくれた上の人のおかげだとも思っています。 

ー感じる“やりがい”について、聞かせてもらえますか?

より良いお店にするためのアイディアや、売り上げを伸ばすための企画など、いろんなアプローチで結果がでますよね。その後に良かった点や悪かった点を考える事ができますし、その部分がこの仕事の一番のやりがいでもあります。

ーなぜそのような積極的な考えになったんでしょうか?

今までそういう仕事ではなかったんですよ。売上とか、全く関わってこなかったですし。与えられた仕事を黙々とやっていただけでした。

でも転職したことで、お店の雰囲気作りや売り上げの計算、人のまとめ方という部分を通して、自分から動く姿勢に仕事の楽しさを感じています。 

ーそれは他の仕事では得られなかった経験でしょうか?

はい。この恋愛グループだからこそだと思っています。

面接が3時間!? それは彼を迎え入れる『恋愛グループ』の熱い想いからだった

ー恋愛グループに入社する時に、印象に残るエピソードを聞かせてください。

面接の時間が3時間だったんですよ(笑)

口下手の自分が3時間も話していたのが未だに驚きです。 

ーそれはかなり辛い時間だったのでは・・・

それが逆で、自分の生い立ちや、学生時代や仕事の話など、とにかく深く話を聞いてくださったんです。こんなに自分の話を聞いてくれた人はいませんでしたし、実はその時に「本当は人と話すこと嫌いじゃなかった」ということに気づかされました。

初対面の人と3時間も話すことなんて今までなかったですからね(笑)凄く貴重な経験でした。

ー恋愛グループの面接は、そんなに長いんですか?

他の人の面接はわかりませんが、たぶん違うと思います。

個人主義で口下手な自分に対して、じっくりと時間をかけて向き合ってくれたんだと思います。

インタビュー風景

ー恋愛グループを選んだ理由はなんでしょう?

高収入と福利厚生ですね。風俗業界はもともとブラックなイメージがあったのですが、恋愛グループの求人内容を見て、待遇面や雰囲気からネガティブな印象を感じなかったんですね。

ー実際に入社して、いかがでしたか?

入社間もない頃の、印象深かったエピソードの一つに「ある程度仕事を覚えたら茶髪ぐらいはOKかな?」と思って茶髪で出社したことがあったんです。そしたらものすごく怒られました(笑)

でも、逆にそこが「ルールをきちんと守り、働く人間をしっかりと見てくれる会社だな」と、あらためて好きになりました。

ー恋愛グループの特徴などを聞かせてください。

私が入ったグループ内でのメンバーは、店長やスタッフなど関係なく全て敬語なんですよ。

新人が入った時に「命令口調はやめましょう」というスタイルの上長でしたので。「人を育てる会社」という部分でも驚きがありましたね。「目指したい」と思える上司がいる事も特徴だと思っています。

ー仕事をしていて楽しさを感じる時はどんな時ですか?

自分の仕事への取り組みをスタッフに見せることで、全員が一生懸命になり、一体感が生まれた時ですね。

それは私の嬉しさでもあるし、個々の嬉しさでもあると思っています。そして皆が笑いながら働ける環境作りですね。そういった部分で「寛容さ」を養いました。

ー人見知りの性格からだいぶ変わったんですね。

はい。地元に戻って、友達に会うと「お前、変わったなぁーって毎回言われます(笑)」仕事風景

ー最後に求人を探している人たちへ、メッセージをお願いします。

恋愛グループで働く意義を一言でいうと「純粋に楽しい!」です。

それに、なりたい自分をしっかりサポート、応援してくれる会社です。楽しく仕事に取り組むことで、性格や考え方も変わることができました。小さな自信を大きな自信に変えましょう! 

ーありがとうございました。


ご応募はコチラから>>>

恋愛グループ(横浜市/店舗型ヘルス)

恋愛グループの店舗詳細

やる気とガッツがある方!まだまだ自分を成長させたいという意欲のある方!
ご応募をお待ちしています!!

down

コメントする




カテゴリ

お知らせ


人気の検索エリア
人気の検索ワード